2007年11月23日金曜日

FW

フォワード、ではない。

フェアウェイウッドである。

検事のリサーチによると、フェアウェイウッドをちゃんと打てている人は「極めて」少ない。当然、検事もヘッポコである。

いわゆる、モグラたたき(ソール、つまりクラブの裏側で本来地面に接する部分でボールの頭を叩き、ボコンという情けない音とともにボールが数ヤード転がるという、情けなさ大爆発のショットをいう)が発生したり、鋭角にヘッドを打ち込んだために低くてスライス系の球が出たりする。

ちなみにFWでスライス系のミスが多い人は、スイングの問題とか色々考える前に「アイアンみたいに打ち込んでないか」を気にしてみるべきである。FWは体積が大きいため、打ち込むようにクラブを使うとアイアンと異なりヘッドが返ってくるのが遅れるため、物理的にフェースが開いてインパクトを迎えることになりやすいからである。

さて、そんなFWだが、練習は絶対にするべきだ。エリカ様も、FWの練習を死ぬほどやっているらしい。彼女曰く、スプーンでドローが100%打てるようになればだいぶスコアまとまるんじゃない?とのことである。

さて、

元々検事は全般的にハンドファースト気味+打ち込み系のインパクト傾向にある。そうすると、ちょっと調子が悪くなるとものすごーく精度が下がる。良いときはスピン量も豊富で打ち出し角も高久、しかも初速も結構出るので良いのだが、ゴルフは一回のナイスショットに賭けるスポーツではない。「成功率」を高めることが重要なのだ。

そうすると、検事としては「よりシャローな入射角」を求めてスイングの改造が要求される。
シャローな入射角はスイングの成功率を高める。再現性が高く、ブレに強いからだ。

そして、FW(特に3番ウッド)でしっかり球を捉え、高さを出せるようになれば「シャローな入射角」が実現できている可能性が高い。

そこで、FWを練習する必要があるのだ。
検事はこれを師匠に聞いたところ、「エグザクトリー」という答えが返ってきた。

なお、FWを買うときには必ずドライバーの総重量より重いものをセットに組むこと。軽いと最低な結果が出る。

んでもって、現在検事が気になっているFWはこれ。
そう、PINGのG10 FW。
いや、これはかなりリアルな話である。一番気になっている理由は、その選択肢の豊富さ。3,5,7は勿論のこと。今一番検事が気になっている9Wもあるのだ。しかもライ角、重量が完璧なフロー設計(これは業界用語なのでそのうち説明する)。

欲しい。。。

ちなみに読者諸氏は4番アイアンがきちんと打てるであろうか?打てる人は問題ない。5番に比べ急に難しいと感じるプレーヤーは多い。そのようなプレーヤーには、9番Wは極めておすすめである。ロフトはだいたい4番と同じくらい(最近はロフトが立っているものが多いので、強いて言えば4.5番アイアンくらい)。

にも関わらず、球は上がるし飛距離はアイアンより出るし、良いことづくめである。

あ〜 欲しい

これも欲しいけど。良いらしい。

1 件のコメント:

yo さんのコメント...

検事・・・やっと課題が終わりました(泣)

ロイコレのFWはどうなんですか?ロイコレのポジションがいまいちわからないのだけど・・・ちなみにマーク金井は絶賛してました。